HOME > 現在公開中の映画情報
現在公開中の映画情報
photo

ミニスカート、ボブヘアー、007、そしてロックンロール──若者たちが世界の中心だった60年代のUKストリートカルチャー“スウィンギング・ロンドン”は、今なお世界中に影響を与え続けている。「ハンナとその姉妹」「サイダーハウス・ルール」で2度のアカデミー賞を受賞、その後も「キングスマン」など数多くの人気作品に出演しているイギリスを代表する名優マイケル・ケインがプレゼンター&プロデューサーとして参加。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フーといった大物ミュージシャンをはじめ、日本でも一世を風靡したモデルのツィギー、ミニスカートやカラータイツの発案者であるメアリ―・クヮント、「あの胸にもういちど」のマリアンヌ・フェイスフル……。そんな彼らが生きた、世界を変えた激動の10年の誕生と熱狂を、貴重なアーカイブ映像を交えて映し出す。

photo

静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院でスクールアイドルグループ『Aqours』を結成した高海千歌ら9人の少女たち。浦の星女学院が統廃合されることになり、同校からの最後の参加となるスクールアイドルの祭典『ラブライブ!』で見事優勝を果たした。その後、2年生や1年生は新たな学校への編入の準備を進めていくが、想定外のトラブルが連発。さらには卒業旅行に向かった3年生が行方不明になってしまう。離れてはじめて互いの存在の大きさに気付いた彼女たちが、新たな一歩を踏み出すためにたどり着いた答えとは……。

photo

世界中隈なく探索しつくされ、残すはただ一つ、秘境の大穴アビスのみとなった。どこまでも深く続く巨大な縦穴には見慣れない生物が生息し、今や誰も作りえない貴重な遺物が眠る。その不可思議に満ちた姿は人々を魅了。人々はアビスに挑んでいき、やがてそうした冒険者たちは探窟家と呼ばれるようになった。アビスの縁に築かれたオースという街の孤児院に暮らすリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。ある日リコはアビスを探窟していたところ、少年の姿をしたロボットを拾う……。

photo

都内で3件の殺人事件が起こり、すべての事件現場に残された不可解な数字の羅列から、事件は予告連続殺人として捜査されることになる。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介(木村拓哉)はその数字を解読し、次の犯行場所はホテル・コルテシア東京であることを突き止める。しかし犯人への手掛かりは一切不明のため、警察はコルテシア東京での潜入捜査を決断する。新田はホテルのフロントクラークとして犯人を追うことになり、コルテシア東京の優秀なフロントクラーク・山岸尚美(長澤まさみ)が彼の教育係に任命される。刑事として次々と現れる素性の知れない宿泊客たちの仮面を剥がそうとする新田と、ホテルマンとして利用客の仮面を守ろうとする尚美は幾度となく衝突を繰り返すが、共にプロとして価値観を理解し合うようになっていき、二人の間に不思議な信頼関係が芽生えていく。そんななか、事件は急展開を迎え、警察とホテルは追い込まれていく……。

photo

SNSが普及した東京。若さを謳歌するある男女グループのマスコット的存在だったチワワちゃんが、バラバラ遺体となって東京湾で発見された。チワワちゃんを偲んで集まったかつての仲間たちは、それぞれチワワちゃんとの思い出を語りはじめる。一緒に遊んでバカ騒ぎをし、恋愛をしていたが、チワワちゃんの境遇や本当の姿はおろか本名すら誰も知らずにいた……。

photo

天正十年六月二日、京の本能寺。明智光秀が織田信長(山本耕史)を襲撃した“本能寺の変”に、時間遡行軍による歴史改変の魔の手が迫っていた。“燃える本能寺から信長を逃がして歴史を変える”というその計画を、刀剣男士たちは間一髪で阻止。ところが、無事任務を終えて帰還した彼らに届いたのは、“織田信長生存”の報だった。織田信長を暗殺して歴史を本来の姿に戻すため、再び過去へと出陣する刀剣男士たち。なぜ信長は生き延びたのか?事件の裏に見え隠れする怪しい影、そして、立て続けに歴史介入してくる時間遡行軍。三日月宗近(鈴木拡樹)は、彼らの本当の狙いに気付くが……。 正しい歴史とは何か。“守るべきもの”を守る戦いが今、始まる!

photo

ある日、川辺を歩いていた哲郎(小林薫)は、水際に倒れている青年(柳楽優弥)を見つける。やもめ暮らしの哲郎は青年を自宅に連れて帰り、介抱する。青年は“シンイチ”と名乗る。やがて、哲郎は自分で経営している木工所にシンイチを連れて行き、技術を教える。周囲も彼のことを受け入れていく。しかし、シンイチは本名を明かせないある秘密を抱えており、哲郎にもまた、決して忘れられない過去があった……。

photo

戦争の傷跡が残る昭和30年代、福岡。焼け跡となっていた中洲の一角で小さな食料品店ふくのやを起ち上げ妻・千代子と営む海野俊之は、博多の祭り・博多祇園山笠に心酔し盛り上げる『山のぼせ』と言われる男であるとともに、山笠と同じくらい明太子作りに情熱を注いでいる。戦前、日本の統治下でもあった韓国・釜山で生まれ育った彼は、スケトウダラの卵巣を辛子漬けにした明卵漬(ミョンランジョ)をヒントに明太子を作り出したが、なかなか納得する味にたどり着かず、苦悩しながら試行錯誤を繰り返していた。そんな時、息子・健一の同級生で、両親を亡くし親戚に引き取られた英子が、遠足に行くための新しい靴やリュックサックを買えずにいるのを知る……。

photo

魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が願望機“聖杯”をめぐり戦う“聖杯戦争”。10年ぶりに冬木市で始まった戦争は、聖杯戦争の御三家と言われた間桐家の当主・間桐臓硯(声:津嘉山正種)の参戦により、歪み始めていく。臓硯はサーヴァントとして真アサシンを召喚。正体不明の影が町に蠢き、次々とマスターとサーヴァントが倒れる。マスターとして戦いに加わっていた衛宮士郎(声:杉山紀彰)もまた傷つき、サーヴァントのセイバーを失ってしまう。だが、士郎は間桐桜(声:下屋則子)を守るため、その戦いから降りようとはしなかった。そんな士郎の身を案じる桜だが、彼女もまた、魔術師の宿命に捕らわれていくのだった……。