HOME > 今週公開予定の映画情報
今週公開予定の映画情報
photo

太陽が三輪山から上り、二上山に沈む奈良。この地には、1300年以上の歴史を誇る寺があり、そこに祀られる曼荼羅を一夜にして織り上げたという姫の伝説があった。その姫の生まれ変わりである香奈(陽月華)は、平凡な家庭で育つが、両親に画家の夢を拒絶されたことをきっかけに、定職にも就かず、38歳となった今も実家暮らし。そんなある日、結婚して家を出ていた妹の暁美(佃井皆美)が、娘の樹月(木下彩音)を連れて出戻ってくる。香奈のニートな生き方を受け入れられない暁美が、家族のあり方に意見したことから、生活は混乱。そして、香奈の前には謎の青年が現れる。この出会いをきっかけに、再び画家の世界へと足を踏み入れる香奈。だがそれは、街全体を巻き込む大騒動を引き起こす。やがて、香奈の中に眠る姫の魂が目覚めるが……。

photo

2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する。運転していたのは、青森にある潜在犯隔離施設・サンクチュアリの心理カウンセラー・夜坂泉(声:弓場沙織)。しかし、取調べ直前に夜坂は即時送還されることになる。監視官の霜月美佳(佐倉綾音)は、執行官・宜野座伸元(野島健児)らとともに夜坂を送還するために青森へ向かうが、そこで待っていたのは偽りの楽園だった……。

photo

平凡な毎日を過ごし、他人を夢中になるほど好きになったこともなく大人になってしまったトオル(横浜流星)は、ある日突然、自分の人生のタイムリミットを告げられる。失意のなか、元バンドマンの旧友・龍也(飯島寛騎)と再会する。そして偶然、一冊の詩集と出会い、恋に生きる力をもらう。詩と触れるキッカケをくれた比呂乃(成海璃子)との出会いを経て、詩の作者である少女・凪(清原果那)とめぐり会うが、詩を綴るのをやめた彼女にはある秘密があった……。

photo

ブレッソン夫妻は離婚し、11歳になる息子の親権内容を争っている。元夫に子供を近づけたくない母ミリアムだったが、夫アントワーヌは、妻が離婚の引き金を引いたと強く主張し、息子との面会の権利を得る。彼は面会の度に息子ジュリアンから母の居場所を聞き出そうとするが、ミリアムは電話に出ず、住所さえ伝えない。母親を守るためジュリアンは必死に嘘をつくがアントワーヌに嘘を見破られてしまい、怒りに満ちた彼が家に乗り込んでくる。

photo

インドが英領となって29年目の1887年、ヴィクトリア女王(ジュディ・デンチ)の即位50周年記念式典で記念金貨“モハール”を献上する役目に任命されたアグラに住む若者アブドゥル・カリム(アリ・ファザール)は、もう一人の献上役モハメド(アディール・アクタル)と共にイギリスへ渡る。18歳で即位してから長年女王の座に君臨してきたヴィクトリアは、最愛の夫と従僕を亡くし心を閉ざしていた。細かく決められたスケジュールをこなし、思惑が飛び交う宮廷生活に心休まらない日々を送るなか、金貨を献上しに現れたアブドゥルの、物怖じせず本音で語りかけてくる態度に心を奪われる。彼を気に入ったヴィクトリアは、式典の期間中、彼を従僕にする。ヴィクトリアはインド皇帝でもありながら現地に行ったことがないため、アブドゥルから言葉や文化を教えてもらい、魅了されていく。次第に二人の間には身分も年齢も越えて強い絆が生まれるが、周囲の猛反対に遭い、やがて英国王室を揺るがす大騒動を巻き起こす……。

photo

“学園生活部”は24時間、学校に寝泊まりして楽しく過ごす部活。シャベルを愛するくるみ(阿部菜々実)、ムードメーカーのゆき(長月翠)、皆をまとめるりーさん(間島和奏)、しっかり者の後輩みーくん(清原梨央)の4人が、おっとりした顧問のめぐねえ(おのののか)に見守られながら、賑やかかつ穏やかに元気いっぱいな日々を送っている……かに見えた。だが実際は、荒廃した校舎に蔓延る無数の“かれら”に支配された絶望的な世界で、壮絶なサバイバルを繰り広げていたのだ……。