HOME > 映画 > 泣き虫しょったんの奇跡
泣き虫しょったんの奇跡
Cinemaphoto
2018年9月7日公開
これまで何かに熱を入れることもなく日々を過ごしていた小学5年生の“しょったん”こと瀬川晶司は、中学生でプロ棋士になった谷川浩司棋士のニュースで“プロ棋士”という職業を知る。隣家に住む鈴木悠野も将棋が好きなことを知ると、二人で将棋を指すようになる。やがて、しょったんの父・敏雄(國村隼)の勧めで将棋道場へ通い始めるとめきめき上達し、中学3年生で奨励会の試験に合格する。奨励会には、26歳の誕生日までに四段にならなければ退会という鉄の掟がある。22歳の夏に三段に昇段したしょったん(松田龍平)だったが、様々な理由で奨励会を退会していくライバルたちを見て、将棋を指す意味を自問自答する。しょったんが現実から目を背けるように棋士仲間たちと遊び回っているうちに、悠野(野田洋次郎)がアマ名人になったことを知る。そして、最後の三段リーグでチャンスはあっけなく潰える。しょったんは奨励会を退会すると大学を卒業して会社員となり、将棋盤に向かうこともなくなる。そんなある日、しょったんの夢を応援してくれていた父が事故で突然他界する。傷心のしょったんは悠野の家で久しぶりに将棋を指すことになり、改めてその面白さに気づく。将棋を再開したしょったんはアマチュアの大会で頭角を現し、アマ名人になる。そして、アマチュア強豪の藤田と新聞記者の新條から、プロ編入試験の話を持ちかけられる。
監督 豊田利晃
出演 松田龍平 / 野田洋次郎 / 永山絢斗
製作年 2018年
製作国 日本
配給 東京テアトル

上映中の映画館を検索