上映中新作映画
01
01

ラブレス

01
01

グッバイ・シングル

01
01

映画きかんしゃトーマスとびだせ!友情の大冒険

01
01

ベルリン・シンドローム

01
01

私は絶対許さない

01
01

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

01
01

娼年

01
01

ダンガル きっと、つよくなる

01
01

ザ・スクエア思いやりの聖域

01
01

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー

01
01

君の名前で僕を呼んで

01
01

となりの怪物くん

01
01

ロンドン、人生はじめます

01
01

リズと青い鳥

01
01

さすらいのレコード・コレクター10セントの宝物

01
01

レディ・プレイヤー1

01
01

いぬやしき

01
01

アンロック/陰謀のコード

映画興行成績ランキング

1

ボヘミアン・ラプソディ

photo

レディ・ガガが“史上最高の天才エンターテイナー”と讃え、ケイティー・ペリーが“今も最も影響を受けている”と語るミュージシャン。それが伝説のバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーだ。その名を知らずとも、『ボヘミアン・ラプソディ』、『伝説のチャンピオン』、『ウィ・ウィル・ロック・ユー』といった名曲をほんのワンフレーズ耳にしただけで、たちまち誰もが心浮き立ち、歌い出さずにはいられない。いかにしてフレディは、世間の常識や既成概念に逆らい、従来の音楽を打ち破り、世界中から愛されるエンターテイナーとなったのか?なぜ愛と孤独、プレッシャーに引き裂かれたのか?そして、崩壊寸前に陥ったバンドを立て直し、永遠のレガシーを確立できた理由とは……?20 世紀最大のチャリティコンサート“ライブ・エイド”で、音楽史に残る史上最高のパフォーマンスを披露した彼らの華やかな活躍の裏には、誰も知らない物語があった……。

2

ヴェノム

photo

敏腕ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者を出しているという噂のあるライフ財団へ取材を開始。だが、実験の被験者との接触により、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまう。やがて、エディはこの意思を持った生命体の声が聞こえ始め、自身の体にも大きな変化を感じとる。彼の中で解き放たれた“悪”が、体を蝕み増殖。シンビオートはエディと一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げるのだった……。

3

ういらぶ。

photo

凛(平野紫耀))と優羽(桜井日奈子)、暦(玉城ティナ)、蛍太(磯村勇斗)は、同じマンションに住む幼なじみ4人組。誰もが振り返る美男美女の彼らは、高校でも皆の憧れの的だった。だがクールな見た目とは裏腹に、優羽のことが好きすぎていつも優羽にドSな態度で冷たく振る舞ってしまう凛。一方の優羽も実は凛にひたむきな思いを寄せながらも、自分に自信が持てず、彼の気持ちは全く気付かない。お互い好きすぎて何も言えないというこじらせたふたりを心配し見守る親友の暦と蛍太。そんな4人の前に、好きなら好きとハッキリ言うライバル兄妹・和真(健太郎)と実花(桜田ひより)が現れる。ずっとこのまま変わらないと思っていたふたりの恋と4人の友情は思わぬ方向へ動きはじめ……。

4
photo

麻美(北川景子)が彼氏に電話をかけると、聞き覚えのない男の声が聞こえてくる。たまたま落ちていたスマホを拾ったという男から彼氏のスマホが無事に戻ってきて安堵するが、身に覚えのないクレジットカードの請求や、SNSで繋がっているだけの親しくない友達からのしつこい連絡など、その日を境に奇妙な出来事が起こり始める。そのころ、人里離れた山の中で次々と若い女性の遺体が発見され、連続殺人事件として捜査が始まる。身元不明の遺体は、どれも長い黒髪を切り取られていた。スマホを拾ったのは誰だったのか、連続殺人事件の真犯人は……?

5
photo

ミデン(声:宮野真守)のしわざで、小さくなってしまったプリキュアオールスターズ。ミデンの狙いは、“プリキュアの想い出”だった。想い出を奪われると、これまでのことを全部忘れてしまう。残ったプリキュアは、『HUGっと!プリキュア』と『ふたりはプリキュア』だけ。大ピンチのプリキュアたちは力を合わせて、大切な想い出を取り返しに行く。

6
photo

元野良猫のナナ(声:高畑充希)は、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に助けられた。それから5年間、ナナは飼い猫として幸せに暮らしてきたが、悟はとある事情でナナを手放さなくてはならなくなる。悟はナナと一緒に新しい飼い主を探すため、銀色のワゴンに乗って旅に出る。悟の小学校時代の親友(山本涼介)、高校時代の友人夫婦(広瀬アリス、大野拓朗)、幼少のころから世話になっている叔母(竹内結子)など、悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねていき、それは図らずも悟の人生を振り返る旅となっていた。そして、旅の終わりに明かされる悟の秘密とは……。

7
photo

松村厚久、51歳。東証一部上場企業・DDホールディングス代表取締役社長。従業員約1万人、約500店舗を経営し、年商は約500億円。「外食界のスター」「革命児」「天才」「ビックマウス」「不思議ちゃん」など数々の異名を持つその男は、自らを“幸運な人間”だと断言する。しかし彼は、13年前から難病・若年性パーキンソン病を患っていた……。そんな一人の人間をカメラはひたすら観察し続ける。

8
photo

多田野高校、通称T校のバスケット部は、試合ごとに連敗を重ねている弱小チーム。ある日、バスケットボールの強豪校であるH校こと白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していた田所陽一(志尊淳)がT校に編入してくることに。実は陽一は親友をイジメから救ったところ今度は自分がターゲットにされ、H校を自主退学していた。もう二度とバスケはしないと決め勉強に専念する陽一。しかし新たな仲間たちとの出会いや、脳裏に焼き付いたリング際のボールの軌道が、再び陽一をコートへ駆り立てる。陽一を迎えたT校バスケット部は、笑い合い、ぶつかり合いながらも全国大会に向けて走り出す。

9
photo

「PLAN75」高齢化問題を解決するために、75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度PLAN75ができる。公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人たちを“死のプラン”に勧誘している。一方、妻の佐紀は出産を間近に控えていたが、認知症の母親を抱えて途方に暮れていた。「いたずら同盟」国家戦略IT特区となったとある田舎町の小学校では、人工知能システム“プロミス”による効率的な将来予測と画一的な道徳に従っていれば、苦しむことはない世界が日常となっていた。ある日、用務員の重田(國村隼)が世話をする老馬が殺処分されることになると、クラスのはみ出し者のリョウタ(大川星哉)は、クラスメイトのマユとダイスケとともにいたずらを画策する。「DATA」女子高生の舞花(杉咲花)は、生まれてすぐに亡くなった母の生前のデータが入ったデジタル遺産を手に入れる。データをもとに母の実像を結ぶことができて喜んでいたが、母の知られざる一面を見つけてしまい……。「その空気は見えない」原発による大気汚染から逃れるために、日本は地下への移住を余儀なくされる。地上の生活を知らずに育った10歳の少女ミズキ(三田りりや)は、「地上の世界は危険だ」という母(池脇千鶴)の教えを守っていた。しかし、友達のカエデ(田畑志真)が地下の街から突然姿を消す。カエデが残したあるものを見つけたミズキは、地上の世界に憧れを抱くようになる。「美しい国」自衛隊徴兵制が導入され、その告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊(太賀)は、若者に親しみやすいポスターデザインに変更するよう政府から要請される。渡邊は元のデザインを担当したベテランデザイナー・天達(木野花)に謝罪に赴き、天達がポスターに込めた思いを知る。

10
photo

十二月初め、赤の王・周防尊(声:津田健次郎)率いる吠舞羅のメンバーは、紅一点である櫛名アンナ(堀江由衣)の誕生日のための準備を始めていた。そのころ、新たに誕生した第七王権者・無色の王が不穏な動きを始める。無色の王は、強大な力と破壊衝動を抱える周防のストッパーの役割を担っていた吠舞羅の幹部、十束多々良(梶裕貴)に目を付ける。アンナの誕生日前夜、夜景を撮りに屋上へ向かった十束は、そこで無色の王に出会い、銃弾を撃ち込まれる……。

映画評判ランキング

1

ヴェノム

photo

敏腕ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者を出しているという噂のあるライフ財団へ取材を開始。だが、実験の被験者との接触により、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまう。やがて、エディはこの意思を持った生命体の声が聞こえ始め、自身の体にも大きな変化を感じとる。彼の中で解き放たれた“悪”が、体を蝕み増殖。シンビオートはエディと一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げるのだった……。

2

ビブリア古書堂の事件手帖

photo

鎌倉の片隅にひそやかに佇む古書店“ビブリア古書堂”に、青年・五浦大輔(野村周平)がやって来る。亡き祖母の遺品の中から出てきた夏目漱石の『それから』に記された著者のサインの真偽を確かめたいという。美しく若き店主の篠川栞子(黒木華)は極度の人見知りだったが、ひとたび本を手にすると、その可憐な唇からとめどなく知識が溢れ出す。そしてその優れた洞察力と推理力によって、栞子はたちどころにサインの謎を解き明かし、この本には大輔の祖母が死ぬまで守った秘密が隠されていると指摘するのだった。過去のある出来事から本が読めなくなった大輔だったが、それが縁となりビブリア古書堂で働き始める。不器用ながらも誠実な大輔は、やがて栞子に密かに思いを寄せていく。そんなある日、栞子は太宰治の『晩年』の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると大輔に告白。その正体を探り始めた二人は、漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実に繋がっていることを知る……。

3

散り椿

photo

享保15年。藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追われた瓜生新兵衛(岡田准一)。追放後も連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとするなか、最期の願いを新兵衛に託す。それは、藩に戻って榊原采女(西島秀俊)を助けてほしいというものだった。新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバル、篠を巡る恋敵であった。そして新兵衛の藩追放に関しても、大きな因縁を持つ男……。妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は藩の過去の不正事件の真相と、その裏に隠された篠の本当の思いを突き止めようと決意。篠の妹・坂下里美(黒木華)とその弟・藤吾(池松壮亮)は、故郷へ戻った新兵衛に戸惑いをみせるが、亡くなった篠を一筋に想う姿や、不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。そんななか、ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙する。そこで過去の事件の真相や、妻が遺した願いの苦しく切なくも愛に溢れた真実を知る新兵衛。だが、その裏で大きな力が新兵衛に襲いかかろうとしていた……。

4
photo

ヤマトは沈んだ。波動砲艦隊も壊滅的な打撃を受け、地球は強大なガトランティスを前に為す術をなくしたかに見えた。だがそこに、ヤマトの意志を受け継ぐ新たな宇宙戦艦、ヤマト級“銀河”が出撃する。その脇を、かつて地球と戦ったガミラスの大艦隊が固める。数で圧倒するガトランティスに対し、地球・ガミラス連合軍は時間断層工場をフル稼働。大増産態勢を敷き、徹底抗戦の構えを示すが、それは力と力がぶつかりあうだけの終わりなき消耗戦であった。そんななか、AIが立案した非情な作戦を実行するため、死に場所を求めて加藤のブラックバードが飛ぶ……。

5
photo

犯罪が多発し、シカゴの街は警察の手に負えない無法地帯と化す中、外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は犯罪に巻き込まれた救急救命の患者を診ている。患者の生死に立ち会い続ける彼にとって、幸せに満ちた家庭だけが唯一の平穏の地だった。しかしポールの留守中に何者かが家を襲撃し、妻を失い、娘は昏睡状態に陥ってしまう。警察の捜査は一向に進展せず、怒りの限界を超えたポールは自らの手で復讐を果たすべく、銃を取り危険な街へ繰り出していく。

6
photo

小学6年生の“おっこ”こと関織子(声:小林星蘭)は、交通事故で両親を亡くし、お婆ちゃんが経営する旅館“春の屋”に引き取られる。旅館に昔から住み着いているユーレイのウリ坊(声:松田颯水)や美陽(声:遠藤璃菜)、子鬼の鈴鬼(声:小桜エツコ)、ライバル旅館の跡取り、真月(声:水樹奈々)らと知り合ったおっこは、ひょんなことから春の屋の若女将修行を始めることに。慣れない若女将修行に、毎日失敗の連続。“あたしって、全然しっかりしてないじゃん”と落ち込むおっこだったが、不思議な仲間たちに助けられ、一生懸命に接客していくうち、少しずつ成長していく……。

7
photo

松村厚久、51歳。東証一部上場企業・DDホールディングス代表取締役社長。従業員約1万人、約500店舗を経営し、年商は約500億円。「外食界のスター」「革命児」「天才」「ビックマウス」「不思議ちゃん」など数々の異名を持つその男は、自らを“幸運な人間”だと断言する。しかし彼は、13年前から難病・若年性パーキンソン病を患っていた……。そんな一人の人間をカメラはひたすら観察し続ける。

8
photo

多田野高校、通称T校のバスケット部は、試合ごとに連敗を重ねている弱小チーム。ある日、バスケットボールの強豪校であるH校こと白瑞高校で1年生ながらエースとして活躍していた田所陽一(志尊淳)がT校に編入してくることに。実は陽一は親友をイジメから救ったところ今度は自分がターゲットにされ、H校を自主退学していた。もう二度とバスケはしないと決め勉強に専念する陽一。しかし新たな仲間たちとの出会いや、脳裏に焼き付いたリング際のボールの軌道が、再び陽一をコートへ駆り立てる。陽一を迎えたT校バスケット部は、笑い合い、ぶつかり合いながらも全国大会に向けて走り出す。

9
photo

「PLAN75」高齢化問題を解決するために、75歳以上の高齢者に安楽死を奨励する国の制度PLAN75ができる。公務員の伊丹(川口覚)は、貧しい老人たちを“死のプラン”に勧誘している。一方、妻の佐紀は出産を間近に控えていたが、認知症の母親を抱えて途方に暮れていた。「いたずら同盟」国家戦略IT特区となったとある田舎町の小学校では、人工知能システム“プロミス”による効率的な将来予測と画一的な道徳に従っていれば、苦しむことはない世界が日常となっていた。ある日、用務員の重田(國村隼)が世話をする老馬が殺処分されることになると、クラスのはみ出し者のリョウタ(大川星哉)は、クラスメイトのマユとダイスケとともにいたずらを画策する。「DATA」女子高生の舞花(杉咲花)は、生まれてすぐに亡くなった母の生前のデータが入ったデジタル遺産を手に入れる。データをもとに母の実像を結ぶことができて喜んでいたが、母の知られざる一面を見つけてしまい……。「その空気は見えない」原発による大気汚染から逃れるために、日本は地下への移住を余儀なくされる。地上の生活を知らずに育った10歳の少女ミズキ(三田りりや)は、「地上の世界は危険だ」という母(池脇千鶴)の教えを守っていた。しかし、友達のカエデ(田畑志真)が地下の街から突然姿を消す。カエデが残したあるものを見つけたミズキは、地上の世界に憧れを抱くようになる。「美しい国」自衛隊徴兵制が導入され、その告知キャンペーンを担当する広告代理店の渡邊(太賀)は、若者に親しみやすいポスターデザインに変更するよう政府から要請される。渡邊は元のデザインを担当したベテランデザイナー・天達(木野花)に謝罪に赴き、天達がポスターに込めた思いを知る。

10
photo

十二月初め、赤の王・周防尊(声:津田健次郎)率いる吠舞羅のメンバーは、紅一点である櫛名アンナ(堀江由衣)の誕生日のための準備を始めていた。そのころ、新たに誕生した第七王権者・無色の王が不穏な動きを始める。無色の王は、強大な力と破壊衝動を抱える周防のストッパーの役割を担っていた吠舞羅の幹部、十束多々良(梶裕貴)に目を付ける。アンナの誕生日前夜、夜景を撮りに屋上へ向かった十束は、そこで無色の王に出会い、銃弾を撃ち込まれる……。